So-net無料ブログ作成
検索選択

バルの幸せとVとB [フランス語]

スペインバルで、
たこの揚げたのやら、ハモンセラーノやら、トルティージャやら、
にんにくのスープやら、カリフラワーの素揚げやら、もつの煮込みやらを
食べると幸せですよねー。
居酒屋でお刺身やハムカツ食べるのも好きだけど(ポテサラも)、
バルもいいわー。
でもそこでいっしょに行った友達と、
おいしいカバってあんまり飲んだことないよねってことで意見が一致。

スペイン料理は大好きだけど、やっぱりイタリアンフレンチに比べると
食事に行く機会が少ないので、自ずとカバやリオハを飲むことが少ないせい?
おいしいカバがあったら、ぜひ知りたい!ものです。

で、ちょっと思ったんですが、カバって綴りはcava。
お店によって「カヴァ」って書かれてることもちょいちょい見ますが、
スペイン語(カスティージャ語)ではBとVの発音の区別をせず、
どっちも英語でいうBの音になるはず。
だから、カヴァという表記は違うんじゃないかなぁと思うんですが。

ただ、カタラン語とかガリシア語とか、スペイン国内にもいろいろあるので、
そこではBとVの音を区別するということもあるのかもしれないけど・・・どうなんだろ。

スペイン語を勉強するとき、VとBを区別しなくていいってのは、
日本人にとって「すばらしー」と思ったので、V音がないってのは忘れられませんw

しかし、VとBの表記の差はあるので、昔は発音も差があったんですかね?

スペイン語って確か母音も5つしかないし(日本といっしょ[黒ハート]
16も母音がある(f**k!)フランス語をやってると、そこんとこはすごーくうらやましいんですよね。
とは言っても、スペイン語特有の巻き舌は難しいし、子音だって違うんで、
スペイン語をやったらやったで、苦労はするんでしょうけどね。
nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 7

コメント 3

きこじじ

スペイン語って母音が5つ、フランス語って16もあるんですか!勉強になりました。
私が行ってる美容院は、なぜかスタッフ同士の専門用語やあいさつはフランス語なんです。発音、難しそうですね。
by きこじじ (2011-02-02 08:44) 

ミホ

コスタリカにいた時、ちょっとだけスペイン語勉強しましたが、発音は格段に楽ですよね~。カタカナをそのまま読んでも通じるっていう記憶があります(笑)。
Cavaは確かにあまり美味しいのにあたった事がないかも・・・。安さに釣られて良く買いますが、1杯目のビール的な役割が多いです(笑)。あぁ、ハモンセラーノとタコ唐食べたいっ!
by ミホ (2011-02-02 12:13) 

chicory

★きこじじさん、こんにちは。
そうなんですよ。フランス語の母音、わけがわかりません(子音もですが)w
日本人同士でフランス語なんですか。銀座にも「ボンジョルノ!」と迎えてくれるイタリア料理店がありますが・・・。

★ミホさん、こんにちは。
イタリア語もそんな感じですが、とにかく大きな声で言うことが秘けつって気が。ほとんどの単語が母音で終わるのが、日本人的になじみやすいように思います。
ちょっとしたブームでシャンパーニュはけっこう味の差を感じますが、cavaはよくわからず・・・。しかし、バルのつまみはうまいですよね。スペイン人、偉い!
by chicory (2011-02-02 20:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。